茨城県つくば市・牛久市・土浦市・稲敷郡阿見町周辺の葬儀場、斎場、家族葬など葬儀のことなら阿見葬祭にお任せ下さい。

「数珠」 一口メモ

⑨スタッフ3名

佛式の行事である通夜や葬儀・告別式の会葬に参列する時や墓参り、法要(法事)に出席する際には、欠かせないのが数珠です。
数珠は念珠とも言われ、本来は仏・菩薩さまやご先祖さまを拝む時などに、何回念仏を唱えたか回数を数える為に用いられたものとされています。

数珠の珠の数は、108個が基本となります。
それは、私たちの心が、108にも動き、変わり、乱れると言うことを表しており、
これを「108の煩悩」と言います。
しかし、昨今私たちが手にしている数珠は、使いやすいように、半分の54、そのまた半分の27、108にちなんだ18など、様々な形式があります。
(数珠は、宗派ごとにその形が異なりますが、一般的には各宗派共用の一連タイプを使う事が多いようです。)

数珠の正しい持ち方は、座っているときは左手首にかけ、歩くときはふさを下にして左手で持ちます。(長い数珠は二重にします)なぜ左手かと言うと、左手は仏さまの清浄な世界、右手は信仰の世界、すなわち私たちの世界を指しているからなのです。

※ 数珠は、人に貸したり借りたりせず、一人ひとり、自分の数珠を持った方がよいと言われています。

Q&A 通夜の服装 

Q:通夜の服装はどうしたらよい?

A:弔問客は、通夜にはあまりきちんとした喪服でかけつける必要はありません。
むしろ「亡くなるのを待って、あらかじめ準備していたようだ」とも受け取れますので、喪服でなくても地味な服装であれば構わない、というのが本来のしきたりでした。 訃報を聞いて、急いでかけつけたという形となりますが、それでも派手なアクセサリーや派手な色の服は避けたほうが望ましいでしょう。

ただし、近年は、通夜のみの弔問で済ませるケースも増えてきたため、喪服での出席者が多く見られます。前もってわかっている場合は喪服で弔問するのが無難でしょう。

※通夜とは?
通夜は、近親者が死者と共に一夜を過ごすことで邪霊の侵入を防ぐと言われる事から、遺族や親族、親しい人が集って行います。
故人との最後の別れを惜しむための儀式です。

ページTOPへ